スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 受賞していました。 | main | 久しぶりのつるちゃん亭定食 >>

日展を見に六本木に行ってきました。

JUGEMテーマ:書道
ブログ繋がりのアニーさんに日展の招待券を頂いて国立新美術館に行って来ました。
やはり書道から見ようと三階に上り第五科の書道の入口の写真を撮り、入場しました。
やはり場違いだな〜と痛感するぐらいご年配の人達が大勢いました(汗;;
平日だし初日じゃないしきっと少しは空いているのかな〜と思いきや・・・それでもやはり混み合っていました。
今年は何を中心に見ようと決めてなくて全てまんべんなくじっくり見てこようと思っていたのですが・・・やはり好みの作品だけに立ち止まり・・・その他の人のはほとんど軽く見るだけでテクテク歩き見をしていた感じです。
自分の展覧会の来年の作品制作の参考にどういう方向性にしようかな〜とアイデアが欲しかったのですが、去年は隷書作品を探してましたが・・・今年はまだ決めてないので何かないかな〜と思っていたのですが結局これというものが無くて、篆刻と行草書の作品で気に入ったものをじっくりと見てみました。

日本画と西洋画も今回は気に入ったものだけですがじっくりと見てきました。
特に西洋画は写真なのか??と思うぐらいの物がいくつもあってよくこんな風に書けるものだな〜と驚いてきました。
何時間掛かったのかな〜長い集中力と繊細な技術が必要なんだろうなと思う物が沢山あってやはり絵もいいな〜と再確認してきました。
まっ不思議な壺?ような物や大きな皿?のようなものとかも気になったのでなんだろうなこれは・・・芸術と言われればそうなんだろうけどな・・・と思いながら不思議な物を見る感じでしたがそういうのもじっくりと見て芸術に今日は浸っていました。
今日はこんな感じです。
≪日展第五科書道の入口≫

≪日展第五科書道の会場風景≫

スポンサーサイト

Comment:
2012/11/23 2:25 PM, 北山 wrote:
私は、日展は京都展を見に行きます。
バリバリの伝統主義を主張する日展の書。ことしも見に行くのが楽しみです。

洋画は本当に写真をみているような感覚になりますね。あれは本当にすごいと思います。
2012/11/23 11:45 PM, つるぎ wrote:
日展の書道は伝統書ですよね、レベルが高すぎて全部すごいな〜としか思えなかったです。

絵を完成させるのは時間が滅茶苦茶かかるんだろうな〜と考えさせられます。
よくま〜そんなに長いこと時間かけkて書いていられるなとびっくりです>北山さん
2012/11/24 10:15 AM, 海月 wrote:
日展は全部見るのは厳しいですよね^^;
書だけでも大変だし、他のと合わせたら…
いつか欲張って一日かけて的を絞らず全部を色々見てたら
ホントに疲労困憊、クタクタになってしまって、
帰り道大変な思いをしたのを思い出しました^^;
欲張っちゃだめですね(笑)

2012/11/24 9:25 PM, アニー wrote:
日展お疲れ様でした。書を見るだけで1日仕事になりますね。

ところで、来年の「日本の書展」の秀抜選に招待されました。また近くなりましたら、ご案内いたします。

来年は、銀座に見に来ていただいた社中展、東方展、日本の書展、読売展、日展の5つに出品する予定です。汗
2012/11/25 11:16 PM, つるぎ wrote:
確かに全部しっかり見ていたら披露困憊ですよね・・・今年はなにげに西洋画が見たくてしょうがなかったです。
西洋画なんて日展の時以外ほとんど見ないのでだんだん興味が湧いてきています>海月さん
2012/11/25 11:18 PM, つるぎ wrote:
日本の書展に招待されたんですか!流石ですね〜実力者として認められたんですね。

5つも出展するんですか!作品制作だけで目が回りそうですね・・・頑張られてください>アニーさん
Add a comment: